バカ犬あずき(フレンチ)とあかんたれセレッソ大阪を眺めるブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
自然体で(また言ってるか)
今週末の日曜日はアウェイに乗り込んでのアビスパ福岡戦であります.

第3クールで勝ち点を着実に積み上げ,じわじわと上位争いグループに接近してきた我らがセレッソ大阪ですが,今節4位の福岡に勝てば飛躍的に順位をジャンプアップできる可能性が高いだけにまさに「負けられない戦い」なのであります.

ここのところ調子の悪い福岡でありますから,普段通りに戦えば負けるわけがないのでありますが、悲しいかな肝心なときに普段通りのプレーをできずチャンスを逃してしまうのもセレッソの大きな特徴であります.

ただ,あの子達が今まで大一番でポカをしてきたのは我々にも責任の一端がないわけではないのであります。思い返せばこういったときはいつも選手だけでなくサポーターまで浮き足立ってしまい、それが選手に悪影響を与えていた気がします.

そう、選手が自然体でいられる為に我々も自然体でいかねばならないのであります。

だから動員をかけて博多の森球技場のアウェイ席をピンクで染めるなどもってのほかなのであります.
観客にパネルを配ってまでしてスタジアムをピンクで埋め尽くした2年前の最終戦(FC東京戦),去年の開幕戦(ガンバ戦)の悲劇を思い出していただきたい.あの子達はむしろ,いつものように敵方の圧倒的な応援に囲まれたとき、自然体の実力を発揮できるのであります.

桜色の大応援団でらしくない息のあったコールなんかすると、濱ちゃんがシュートをふかし、江添くんが布部にバックパスをしてしまうのであります。自然体のざわざわ―って感じの弱々しいコールがむしろ選手をリラックスさせるに違いないのであります。

スタジアム以外でも必勝祈願と称して滝に打たれたり,断食したり、お遍路を回ったりする必要は(別にやってもいいけど)ないのであります.
いいや、むしろやらない方がいいのであります.

セレサポ諸氏におかれましては試合当日だけでなく、日常生活においても大一番を控えているからといって特別なことをせず,自然体で暮らしていただきたい。自然体で職場や学校に行き、自然体で家族や友と語らい、語らう内容も福岡戦の話ばかりにならず政治経済朝青龍「女帝」みたー?とかちりばめて。

だからといって福岡戦に全く触れないのも逆に自然体ではないのでそこらへんは難しいがバランスをとっていただきたい。

てゆうか、こんなことをBLOGに書き込んでいる私が一番不自然なテンパリ野郎なのであります。

さあさあ、明日の晩飯はカツ丼・・・


わかってないねー

「それがいかんっちゅうねん」
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

うををっ??
じゅんごるさま、入魂しすぎちゃぃますか~??(笑)
…しかし「女帝」は面白い♪
あおい☆= | URL | 2007/09/08/Sat 23:55 [EDIT]
ぜんぜん入魂していません。

自然体です。

自然体でのしあがっちゃるけん!


・・・・じつわ「女帝」見てません
じゅんごる | URL | 2007/09/09/Sun 06:00 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© あずき桜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。