バカ犬あずき(フレンチ)とあかんたれセレッソ大阪を眺めるブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
あずき桜金融道
意を決して生命保険なるものに加入しました.

掛け金は決して安くなく,生きているうちは配当はそれほどでもないものの,働き手がいざ亡くなったときに保険金がおりてセーフティーネットになる.もちろんおれが死んだ時の話だけど・・・・リスクが分散される.

こういう対策をリスクヘッジと言うらしいです.
財政金融担当の嫁に教えてもらいました.

加入したのは黒い噂の絶えない某有名外資の保険会社.
「ここのところの為替変動が・・・FXで○○さんがえらいことに・・・・・でジャンク債より逆に高格付けの方が・・・・あーはーはー!そんなせっしょなー!」
俺のうかがい知れぬ投資話で嫁が担当者といろいろ話していたのを漏れ聞くところによると,最近よく話題になっているアメリカのサブプライムローンの破綻ってやつ.あれの余波は結構大きいらしい.

ここから先は金融の知識ゼロの俺が必死で理解しまとめた認識です.
間違ってたらごめんなさい.

サブプライムローンとは低所得者向け金利10%以上の住宅ローンのこと.10%以上のローンなんて「金持ちにしか返せない」と思うけど,その無謀な借金が焦げ付いても貸し手が大損こかないように,ローンそのものを証券化して高配当で投資を募る.
それに投資ファンドが殺到する.
高利率のローンが返せなくても購入した住宅価格が上昇している間は担保価値の上昇分を担保にして低利率に借り換えができ問題が表面化しないが,住宅価格のバブルがはじけると1500兆円(!)が不良債権化し証券も紙くずに.

どう考えても抜けたもん勝ちのチキンレースでほとんどの人が損するのが当たり前.そういうわけで,今世界ではかつて隆盛を極めたヘッジファンドがバッタバッタ潰れているらしい.逆にもうけてバイバイした奴も絶対いるんだろうけど.

つまりサブプライムローンのリスクヘッジは投資家を集めて「なにかあったときはみんなでリスクを背負いましょうね」ってことか.でもみんながローンを返せないとなるといくらヘッジしても(言い方あってるのか?)破綻するのは当然.

大体「借りた金は返す」という大原則からはずれ,返せないことを前提に他人に損をかぶせるような保険を掛ける腰の引けた金貸しなんてミナミの萬田はんからみたら笑止千万でんな.
返済が滞った時は債務者またはその親族の身柄を確保して「女ならソープ,男ならマグロ船」でがっちり回収というのが萬田金融のリスクヘッジですわ.

その点商工ローンは・・・・・・・

銀ちゃん

あずきは飼い主にえさやりを忘れられた場合(よくある)のリスクヘッジをお花畑で考え中
少しずつ残してストックするか




「すこしずつ残してストックするか」
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

生命保険なんかとっくに入れられとる
いつ死んでも大丈夫や
明石原人 | URL | 2007/08/31/Fri 21:02 [EDIT]
なんや、台湾有事にそなえてか。
じゅんごる | URL | 2007/09/01/Sat 15:24 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

・生命保険付きスルガ銀行のカードローン・おまとめローン&審査の甘い消費者金融・サブプライムローン余波 金利低下、企業動く・無料でゴルファー保険自動付与【クラブアルバアッズカード】・自営業・派遣社員の方、また住宅ローンで悩んでいる方必見の「利用者の ...・消  [続きを読む]
金融・保険の極意 2007/09/07/Fri 13:56
© あずき桜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。