バカ犬あずき(フレンチ)とあかんたれセレッソ大阪を眺めるブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
だまされ上手
J2最終節 C大阪 2-2 東京V
(札幌,東京Vが昇格.京都が入れ替え戦へ.)

試合後クルピ監督のあいさつで殺伐とした雰囲気が一気に
変わりました.
以下うろ覚えですが,こんなこと言ってました.


    
・まずセレッソ大阪の選手とスタッフ全員を
チームの体と例えましょう.
  ざわざわ、(えぇ?なにゆうてんのこのおっさん、大丈夫か?)

・ファンの皆様はチームの鼓動であり心臓です
  一転,不意をうたれて2割ほどのサポが目頭を熱くする.

・この一年で来期J1を目指していく態勢ができました
  うわーええぞ―クルピ (盛り上がりがピークに)

・一緒に頑張っていきましょう!
  どわ―っ!続投やー!
  クルピ! どどどん
  クルピ! どどどん



みんな来年も応援しようぜ、ということで。

しかし思い返して見ると,今までことある事に連発される
カラ手形や泣き落としにごまかされてきた.
降格決定直後の古橋の涙声謝罪、西成サポコンの都並さん
の挨拶等々.

まるで上島竜平のように繰り返し騙される我々セレサポ。


今回も俺たちすでに「押すな,絶対に押すなよ」
ネタフリしているのかも.
自分のタイミングでいきたいからな


そして来年の今頃は



「殺す気か―!」

・・・・とは叫びたくないものです.
カリスマ


スポンサーサイト
© あずき桜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。